FC2ブログ



やっぱ怖いスね平松先生は

337b76754a4ad2b5991c31008546bb40.jpg


2: 2018/06/10 00:55:06 No.510665504

漫画家同士の直接攻撃はルールで禁止スよね


3: 2018/06/10 00:55:58 No.510665739

昔は知らんけど猿先生ダニー・トレホみたいな外見だし
もうダイレクトアタックなんて怖くてできない



4: 2018/06/10 00:55:58 No.510665742

猿先生にはルール無用だろ







5: 2018/06/10 00:56:46 No.510665947

なんでバトル漫画のノリになってるの…?


6: 2018/06/10 00:57:13 No.510666061

とりあえずこれはフィクションてことでいいんですよね?


8: 2018/06/10 00:57:28 No.510666130

どっちが売れた漫画家と言えるのか


10: 2018/06/10 00:59:15 No.510666569

領域を侵す漫画家ってーとそろそろ北斗の拳が出てくる辺りだと思うが
それについての話はそのうちやりそうだ
ブラックエンジェルスで思いっきり影響されてる時期有ったし



11: 2018/06/10 01:12:11 No.510670084

このあと思いとどまる描写はなんか不自然なのは殺意を感じさせるっス


12: 2018/06/10 01:14:38 No.510670720

言うても週刊少年ジャンプ時代の猿先生は…
別紙に移ってからっスよねヒット作出すようになったのは



17: 2018/06/10 01:26:53 No.510673992

格闘が大好きなのは昔からっスけど正直今も昔も少年誌に合う作風ではないのは確かっス
早いうちから青年誌に軸足を移したのは慧眼だったと思うっス



13: 2018/06/10 01:18:14 No.510671693

最初のタフ以外のヒット作あるの?


16: 2018/06/10 01:24:57 No.510673558

マジレスするとロックアップはここ以外でも評価高いっス
猿先生ファンにはもちろんプロレスファンにもオススメできるプロレス漫画の超名作っス



18: 2018/06/10 01:26:56 No.510674006

力王と暴れブン屋と仁清と猿先生はビジネスジャンプとともにあった


21: 2018/06/10 01:28:58 No.510674511

もう一人の弟子の高橋陽一の方がとんでもなかったんだけどね


26: 2018/06/10 01:31:33 No.510675062

でもそれは種類が違うタイプだったので自分の領域を侵さないで済むタイプだったと



22: 2018/06/10 01:29:06 No.510674547

打ち切りにしても丸々1巻分以上締めに入ってるんで相当綺麗にまとめてるんじゃないスかね
もし打ち切りならその辺は流石ベテランって感じっス



24: 2018/06/10 01:29:59 No.510674758

力王は名作
みんなに読んでほしいよね



25: 2018/06/10 01:30:03 No.510674770

ロックアップはそんな急に終わった感は無かったな
いつでも死ねる主人公だったってのも有るが



28: 2018/06/10 01:32:32 No.510675316

ロックアップはネタでも馬鹿にされると腹立つくらい好き


36: 2018/06/10 01:37:54 No.510676616

とりあえず平松先生の方は売る為のマンガの路線変更をやりまくるけど
猿先生の方はあんまそれが出来ないとの印象



39: 2018/06/10 01:41:26 No.510677440

同じポジションでのレギュラー争いはどこでもあるよね


42: 2018/06/10 01:43:44 No.510677927

平松先生は同世代のジャンプ作家をなんだと思ってんだ…


43: 2018/06/10 01:44:05 No.510678005

最近スキマでブラック・エンジェルズ全部読んだけど
関東編メチャクチャだな
突然RPGになる



50: 2018/06/10 01:48:21 No.510678919

つか鳥山やゆでより古株だったのか平松先生…


51: 2018/06/10 01:49:03 No.510679081

平松先生は負のパワーでマンガ描いてると自分でネタにしてるからな





そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックス)
平松 伸二

4088905997

関連商品
そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックス)
そしてボクは外道マンになる 3 (ヤングジャンプコミックス)
アオイホノオ 19 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏
コロコロ創刊伝説 3 (てんとう虫コミックススペシャル)
チェイサー 5 (ビッグコミックス)
ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~ (てんとう虫コミックススペシャル)
アオイホノオ 18 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
赤塚不二夫が語る64人のマンガ家たち (立東舎文庫)
激マン! キューティーハニー編(3) (ニチブンコミックス)
by G-Tools





マンガ中毒のyoutubeチャンネルを作りました! 登録お願いします! https://www.youtube.com/channel/UCwLSAI49-2VC1GBRckVW0gg

【オススメ記事】




関連記事


この記事へのコメント

- - 2018年06月12日 23:28:21

ブラックエンジェルズはじめの頃の巻のカバーの折り返しに
作者「いつかホームラン打ってやる」って書いてあって
「いや、十分ホームラン打ってるでしょ。先生」と思ってたけど
なるほどなー、と思う自伝漫画でした。

・・・で、どこまで本当の話なんだろ?w

猿渡センセはビジネスジャンプだけじゃなくてベアーズクラブのドッグソルジャーも。





トラックバック

URL :

購入した新刊
RSS
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR